バリスター,トータルバランスが最高の品種! バリスター

バリスター,トータルバランスが最高の品種!
特性
法廷弁護士の意味である新品種バリスターは、ミッドナイトタイプで最も評価の高い品種です。2006年に公開されたNTEP(全米芝草評価試験)、ケンタッキーブルーグラスにおいては、すべての試験項目で上位25%以内にランクインしている割合No.1の評価を受けています。芝質や葉色、各種病虫害に対する抵抗性などを含め高評価であるため、様々な場所で使用することができるオールマイティな品種です。
2001-2005年 NTEP全米芝質評価試験結果
※NTEPでは試験結果を9点満点で評価しています。試験結果のオリジナルデータはこちらで確認できます。(http://www.ntep.org/
graph_barrister
特長
NTEPの全試験の内、80%の試験において上位25%にランクインし、トータルバランスにも優れています。芝質は高く、ミッドナイトよりも若干濃い葉色となるほか、葉幅についてもミッドナイト以上に細い特長を持っています。葉密度や各種病虫害に対する抵抗性も高い品種です。種子の生産性が高く、コストパフォーマンスに優れた品種です。
用途
バリスターは高品質な芝生を形成することが可能な品 種です。トータルバランスが高いため様々な用途に利 用可能です。ローメンテナンス管理下においても優れ た芝生を形成します。経済的であるため草丈の低いタ イプが必要な緑化工事などにも向いています。

データ

播種量
20~50g/㎡
播種期
3~5月,8~10月
種子の標準的な性状
標準発芽率:75% 標準純度:85% 標準粒数:3,000粒/g

ページトップへ