社歴ヘルプ

会社の沿革と営業品目の概要

1955年7月 株式会社紅大から貿易部門を継承し設立,木村精一が代表取締役社長に就任。
輸出:繊維関係
輸入:ビール用ホップ

1960年代 輸出:ソニー製品,主にトランジスターラジオを中南米に
輸入:タイプライター・印刷用資材

1970年代 輸出:
東芝の東南アジア工場向け電子部品
ギターのアンプアメリカ向け
  輸入: 植林用樹木種子・緑化用草本種子
喫煙用パイプ及びエボナイトマウスピース

1980年代 輸出:各種電子部品を東南アジアに
輸入:上記種子に加えてゴルフ場向け種子・花の種子

1990年代 輸出: 円高による輸出品目の減少
  輸入: 高級皮革シューズ・電子部品(電解コンデンサ用封口板)
サキソホン用エボナイトマウスピース

1991年12月 木村直人が代表取締役社長就任

2000年~ 輸出: 輸出業務代行
  輸入: 種子全般
シューズ・アパレル関係
コンデンサ用電子部品
床下調湿材 セピトール
油吸着材 アブソネット
ワイン樽 マグレニャン

創立当初の輸出主流型貿易商社から輸入主流に変革したが、
各専門分野でその特徴を生かし堅実な経営を営み現在に至る。

資本金・売上高の推移

資本金の推移
1955年
 300万円
1962年
 600万円
1974年
3,000万円
1981年 4,500万円
売上高の推移
2008年
1,321 百万円
2009年
1,197 百万円
2010年
1,216 百万円
2011年 1,280 百万円

ページトップへ