プリンセス77,バミューダグラス,種子繁殖ハイブリッドバミューダ,ティフトンレベルの芝質 プリンセス77

プリンセス77,バミューダグラス,種子繁殖ハイブリッドバミューダ,ティフトンレベルの芝質
特性
プリンセス77は最新のNTEP評価でティフウェイ(ティフトン419)を上回る評価を得た、ハイブリッドバミューダグラスです。種子での流通がないティフウェイと比較し、造成のコストを大幅に抑えることができます。造成速度も速く施工が省力化できます。古くから人気の高い品種、ティフトン419を上回る品種がプリンセス77です。
2009年5月発表 最新解析方法でのNTEP評価結果
※試験結果のオリジナルデータはこちらで確認できます。(http://www.ntep.org/
graph_princess77
特長
ティフトン芝レベルの芝質を種子により施工する場合に最適な品種です。また、ティフトン芝で造成されている芝生の補修用としてもおすすめです。

データ

播種量
芝生向けには15~20g/㎡
※緑化工事等では施工状況に応じて適宜ご利用下さい。
播種期
4~7月
※夏季以降、初秋の施工は発芽しますが、冬季に枯死する個体が多くなります。
種子の標準的な性状
標準発芽率:80% 標準純度:98% 標準粒数:1,800粒/g(コーディング種子のみ)

ページトップへ